お早うございます。

今日は朝から、むし暑いですね。温度は30度まではいっていない

様ですが、湿度が高いのでむし暑いのでしょう。

今から何年たったでしょうか?

レース糸にビーズを通して編み、がま口・バックなどを作るのが

とっても流行りました。

歴史はくりかえされる と言われますが、ここ2・3年でしょうか

ビーズクロッシェと言う名前で再度 お目見えですね。

思い返しながら 作ってみましたので、アップいたします。

見て下さいね。

ビーズ刺繍もしていますので、一緒にお願いいたします。

DSCF1596(Sサイズ)

ビーズ刺繍のビスコーニュ (針刺し)

デリカビーズを 使っています。

DSCF1598(Sサイズ)

ビーズ刺繍のシザーキーパー

ハサミが机から落ちますと、先が痛みますので、この中に

「重り」を入れて作っていたそうです。

重りから先に落ちますので、ハサミの先を痛めずに済んだ事で

しょうね。

DSCF1590(Sサイズ)

ビーズクロッシェのがま口です。

初めにレース糸にビーズを通しておきますが、この図案は

ビーズの色と数を間違えますと、きちんとした図案には

出来上がりませんので、ビーズを通すのが 大変な作業です。

DSCF1591(Sサイズ)

上のサクランボと同じテクニックですが、この場合は赤の

ビーズ一色ですので、とっても楽に糸に通す事ができます。

DSCF1592(Sサイズ)

この作品は段染めのレース糸を使い、クリアーのビーズを

使っていますので、この作品も楽に糸のビーズを通す事が

できます。

3点ともテクニックは同じ、形も同じです。

レース編みのお好きな方は、すぐ出来あがる作品だと

思いますので、是非挑戦して見て下さい。

最後まで有り難うございました。

今日はこの辺で・・・・・

又のお立ち寄りお待ちしております。

Message